3人掛けソファのサイズはこう決める!

「3人掛けのソファってどのくらいのサイズがいいんだろう?」

そんな疑問を持っている人は結構いてます。家具屋さんで働いてる時も聞かれることがありました。

3人掛けソファの大きさを決める時のポイントや注意点について考えてみました。

3人掛けソファ、よくあるサイズが良いという訳じゃない!

3人掛けソファとして最も多いサイズというと、180~200㎝幅ぐらいでしょうか。

ただし、お店で3人掛けソファと書いてあるからといって、それが最適なサイズとは限りません。

ソファというのはちょっと思い出してもらうと分かりますが、その多くに肘置きが付いてます。当然ですがソファの幅というのは、肘置きも含めた幅になります。

肘置きの幅はモノによっても違うので、同じ横幅のソファでも座るスペースというのはかなり違ってきます。

ゆったり座るためのスペースは?

ソファでゆったり座るためには、1人あたり、60㎝の幅は欲しいところです!

ダイニングチェアの座面なら横幅45㎝ほどでも十分ですが、ソファの場合、同じ椅子の隣に人が座るので、すき間を空ける上でも60㎝は必要。

180㎝幅のソファというのはよくあるサイズですが、実際には肘置きが付くので座面の幅はよっぽど広くても160㎝、150㎝以下のモノもたくさんあります。

そうなると、1人あたり50㎝以下の場合も。

つまり、お店で3人掛けとして売ってるソファも、子供を含めた家族で3人並んで座るのなら何とかなるけど、大人3人が座るには厳しい場合が多くなります。

事務所の椅子などでも気を付けないと、真ん中に座る人が、タクシーの真ん中の席になってしまった人みたいになる可能性も。

大きめサイズの3人掛けソファはどう?

大きめのソファとなると200㎝を越えてきます。

カウチソファ(片方が長くて足を伸ばせるような、コーナー型になっているもの)だと、280㎝なんてものも。
(さすがにでかすぎますが)

普通の3人掛けソファでも220㎝ぐらいならよく見かけます。

サイズが大きい3Pソファのメリット

ゆったり座れる

1人あたりの座面の幅が広いので、当然ゆったり座れます。

3人掛けソファというのは、2人掛けと違って左右どちらにももたれられない、真ん中の席があるので、3人で座る機会が多いのなら、座面のゆとりは考えた方がいいでしょう。

体を横に伸ばせる

ソファの利点として、くつろいで座れるという以外に、横になって寝れる、というのは大きいです。

ただ3人掛けでも小さなサイズだと、背の高い人なら足が出てしまったり狭さを感じる事もあるでしょう。そういう意味でも、幅の大きなソファはゆったり使えるといえます。

サイズが大きい3Pソファのデメリット

場所をとる

横幅が広いので当然場所をとるんですが、意外と大きなデメリットとなるのが奥行きもとってしまうこと。

幅広のソファはだいたい奥行きも深いものですが、奥行きが深いと普段の動線まで狭くしてしまい、生活しづらくする事があります。
(テーブルやテレビとの幅や、ソファの後ろ側の通路など)

通路が10㎝狭くなるかどうかの影響は、意外と大きいです。

重い

大きけりゃ大きいほどソファは当然重くなります。

ソファの場合、床との間にすき間がありホコリなどが溜まりやすいので、きちんと掃除をしたいところですが、重いことで掃除が面倒になってしまうかも。

置場所を変えられない

サイズが大きい場合、部屋で置ける場所も限られてしまうので、模様替えなどでレイアウトを変更するにも、選択肢が無くなってしまう場合も。

小さめサイズの3人掛けソファはどう?

最近では180㎝の3人掛けソファも小さめとされる場合もありますが、なかには肘置き付きの160㎝で3人掛けとなっているソファもあります。

サイズが小さい3Pソファのメリット

場所をとらない

部屋のスペースに余裕が無いけどソファを置きたい場合には、やはり小さめのソファを選ぶことで対応できます。

肘置きの付いてないタイプを選べば、3人掛けでさらに省スペースにする事もできます。

部屋が広く見える

商品によっては場所をとらない、という以上にメリットと感じられるのが、部屋が広く見えること。

ソファというのは部屋のかなりの部分を占めてしまうので、デザインや色、そしてサイズによって部屋への圧迫感がかなり変わります。

例えば10㎝狭くして床や通路がより広く見えることで、部屋の中は10㎝以上の広がりを感じる事も。少しでも大きくギリギリのサイズが、必ずしも良いという訳ではありません。

サイズが小さい3Pソファのデメリット

肘置きがない

上にも書きましたが、サイズの小さなモノでは肘置きが無い、あるいはあってもすごく狭いといった事があります。

肘置きが無いと、

  • 立ち上がりに不便
  • もたれられない
  • 横になったときの枕がわりにならない

といったデメリットがあります。

肘置きの幅が狭い場合にも、枕としては痛いですし。

横になれない

横幅が狭い場合には、

  • そもそも横になれない
  • 足が出てしまう

といったデメリットも。ゴロゴロ転がるのがソファの良いトコの1つなんで。


どうしても幅の狭いソファで、横になったり足を伸ばしたいなら、幅の狭いカウチソファを選ぶという手も。

カウチソファについては、こちらの記事でも書いてます!

 icon-hand-o-right 「カウチソファの良いトコと、イマイチなトコをまとめてみました!」

ほぼ2人掛け、ということも

3人掛けと表示するのは、販売側の勝手なんですが、中には、はっきりいって2人掛け、というサイズのものも。

見た人が「コンパクトな3人掛けだ」と感じて購入したけど狭すぎる、という事もあるんじゃないでしょうか。特に何㎝なら3人掛け、なんて決まりも無いので。

「2人掛けソファのサイズはこう決める!」

3人掛けソファのサイズのまとめ

まず、3人掛けという表示は無視。あてになりません。そして、

  • ソファ
  • 部屋
  • 他の家具
  • 通路

のサイズをしっかり測る。

(人がストレスなく通れる通路幅は最低60㎝。ソファとテーブル、テレビの距離も考えて)

ゆったり座るのを重視するなら座面の幅は少なくとも60㎝。

座るだけ考えたら大きなソファがいいけど、部屋のスペースにも限りがあります。

ただ3人が座るなら、なんとか座面のサイズにゆとりのあるものを。子供もそのうち大きくなりますから。
(一緒に座ってくれるかどうかは知りませんが…)


個人的によくできてるなーと思う、ソファ!

リクライニングソファ

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
このリクライニングソファがよくできてる理由!

 

New Retro(ニューレトロ)

↑クリックで商品ページに!

 ファブリックもあります。↓

 1人掛けもあります。

詳しい説明は
「ソファのNew Retro(ニューレトロ)がよくできていると思う、10個の理由!」

 

LAURU(ラウル)

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
「LAURU(ラウル)というソファが、よくできてるなぁと思う10個の理由!」

 

 rond(ロンド)

 色違いもあります。↑

詳しい説明は
「ソファのrond(ロンド)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

カウチソファ

 ↑クリックで商品ページに色違いもあります!

詳しい説明は
「このソファがよくできてるなぁ、と思う理由!」

 

人気のタイプのソファを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おすすめのソファは、この18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする