2人掛けソファのサイズはこう決める!

photo credit: Philips Communications Lifestyle image of woman reading a magazine in front of the Philips Hue white ambiance Wellner table lamp on the relax setting via photopin (license)

2人掛けのソファを買いたいけれど、どのくらいのサイズにするか迷っていませんか?

最適な大きさがどのくらいか、どうやって決定したらいいか、2Pソファのサイズの決め方についてみていきます。

2人掛けソファのサイズはココがポイント!

2人掛けソファとなっているソファの場合、もっとも多いサイズが150㎝プラスマイナス5㎝くらいでしょうか。

3人掛けソファと比べるとサイズの幅がほぼ決まっていて、それほど悩まないかもしれません。
(3人掛けの場合、モノによっては150~220㎝ぐらいと幅があります)

それでもサイズを決めるときには次のような点に気を付けましょう。

肘置きのサイズを考える

ソファというのは基本的に肘置きが付いてます。表示されているソファのサイズというのは、当然この肘置きを含んだものです。

そして案外スルーしてしまいがちなのが、肘置きの幅。

ソファを探すときに、部屋のサイズを測り、通路の事も考えて、ソファのサイズを決める人は結構います。ただ置けるソファのサイズが決まったら、その外寸だけを考えて、肘置きのサイズなんかは気にしません。

しかし全体の幅から肘置きの幅を引いたサイズというのは、座面の幅です。つまり座る場所の広さは、肘置きの幅によってかなり左右します。

あまり気にしたことがないかもしれませんが、肘置きは狭いものだと10㎝以下のタイプもあるば、広いものでは20~30㎝ぐらいのもあります。当然片側だけでのサイズで、ソファ全体の座面の幅でいうと、20~40㎝変わってきます。

ソファは全体の幅だけを見るのではなく、肘置きの大きさ、つまり座面の幅にも注目して測るようにしましょう。

そこまで座面が広くなくても

ここまで言っといてなんなんですが、2人掛けソファの場合、3人掛けほどはソファの幅を必要としません。

3人掛けで3人が座った場合、真ん中の席に座ると両サイドに人がいるので、座面のサイズにゆとりがないと、かなり窮屈になります。

ただ2人掛けの場合は少々きつくても、肘置きの方に体を逃がせるんで。

まあ、そうはいっても3人掛けと比べたら、やや狭くても大丈夫というだけで、ゆとりがある方がいいに決まってます。ソファで座るには、1人当たり最低60㎝の幅は欲しいところです。一応目安として参考にしてみてください。

大きめサイズの2人掛けソファはどう?

2人掛けで大きめのサイズとなると、商品によっては170㎝ぐらいになるでしょうか。

まあ、これを2.5Pソファとしてるメーカーもありますが、座面が2つに分かれているので2人掛けとなっている場合も。

サイズが大きい2Pソファのメリット

隣が気にならない

やはりサイズが大きくなると、横に座っている人との距離が離れるので、座っていて気を使いません。

家族ならいいですが、友人、知人、会社関係の人など、立場によっては肩が触れあって座るのは気まずい場合もあるでしょう。

身長によっては寝れる

ソファの良さは座ってくつろげる以外にも、横になれる、という面があります。

2人掛けでもサイズの大きなモノになれば、女性やそれほど身長が高い人でなければ、横になって足を伸ばせます。

サイズが大きい2Pソファのデメリット

場所をとる

幅が広いと当然部屋の中で場所をとります。さらに横幅が広い場合、そのほとんどが奥行きも深くなります。

奥行きが深いのは、場合によって横幅が広いよりも邪魔になることがあります。

横幅が広いとソファや他の家具が置けるかどうかという問題にはなりますが、奥行きが深いとソファとテーブルの幅やテレビとの距離、ソファの後ろ側の通路などが狭くなる事につながり、生活する上で不便になることも。

無駄に肘置きが大きい

たまにあるのが、2人掛けでやたらと肘置きの幅が広いために、全体のサイズが大きくなっているもの。

横になるには枕がわりにいいけど、でかい割には座るスペースがそれほど変わらないという場合も。

小さめサイズの2人掛けソファはどう?

一応2人掛け、ということでいうと、小さなソファはかなり小さいです。肘置き無しなら100㎝というものも。

一人暮らしで一応2人掛け、なんて場合にはそれくらいで良いかもしれませんが。

サイズが小さい2Pソファのメリット

部屋が広く使える

当たり前ですが、小さなソファであれば他に物を置いたり部屋を広く使えます。また他の物で埋め尽くさなければ、床や壁が見えることで、広く見せる事もできます。

スペースが少ない、あるいは部屋を広々と見せたい場合、ソファのサイズは小さければ小さいほど良いでしょう。

サイズが小さい2Pソファのデメリット

下にあげてるのは、小さなソファだとそういうものが多い、という事で全部がそうという訳ではありません。ただ共通するのは座り心地が悪くなる場合が多いということです。

奥行きが浅い

小さなソファになると、当然奥行きも狭くなります。それだと座面の深さがあまり無くなってしまい、深々と腰掛ける事ができません。

ソファよりも椅子に近い座り心地になることがあります。

座面が硬い

座面にクッション性や耐久性を持たせるためには、バネやウレタンなどのクッション材をしっかり入れる必要があります。

その分、座面の厚みも出てくるのですが、サイズが小さな物では、しっかりしたクッション性の高い座面のソファは少なく、全体的に硬めのものが多いように感じます。

背もたれが低い

幅が狭いものはバランスとして、背もたれも低いものが多くなります。

背もたれというのは高さがあることで背中を支えて包み込んでくれるのですが、背もたれが低いことで、座り心地は低下してしまいます。

しっかりしたものが少ない

上に書いたように、小さなサイズのものは、奥行きや高さも低くなってるタイプが多くなり、結果として作りのしっかりしたものが少なくなります。

理由としては、構造上難しいという事もありますが、それプラス、小さなサイズのソファを探している人の場合、

  • 簡易的な物を求めている
  • 使う期間も短めに考えている

といった人が割と多く、(もちろん全てではないです)メーカーとしても、質より価格を重視する傾向が強いという事でしょう。

2人掛けソファのサイズのまとめ

2人掛けのソファを探すなら、外寸だけでなく、座面や肘置きのサイズもしっかり測る。
(理想は最低でも1人当たり60㎝)

大きいタイプは、寝転べるし座り心地が良い(ゆったりしてる)けど場所をとる。

小さいタイプは、部屋を広く使えるけど、座り心地がいまいち。(の物が多い)

もちろん部屋に置けるかどうかが1番ですが、どこまで座り心地を求めるかで、サイズ(と値段)は決まってきます。


個人的によくできてるなーと思う、ソファ!

リクライニングソファ

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
このリクライニングソファがよくできてる理由!

 

New Retro(ニューレトロ)

↑クリックで商品ページに!

 ファブリックもあります。↓

 1人掛けもあります。

詳しい説明は
「ソファのNew Retro(ニューレトロ)がよくできていると思う、10個の理由!」

 

LAURU(ラウル)

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
「LAURU(ラウル)というソファが、よくできてるなぁと思う10個の理由!」

 

 rond(ロンド)

 色違いもあります。↑

詳しい説明は
「ソファのrond(ロンド)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

カウチソファ

 ↑クリックで商品ページに色違いもあります!

詳しい説明は
「このソファがよくできてるなぁ、と思う理由!」

 

人気のタイプのソファを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おしゃれで人気のソファ、おすすめの16台」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする