1人掛けソファを探すときはココに気をつけよう!

photo credit: Mirage floors Mirage Sapele Natural via photopin (license)

一人暮らし、あるいはそうでなくても1人掛けのソファって憧れませんか?

ただ案外、普通のソファよりもどうやって選んだらいいのか悩みがちなのが1人掛け。
(買った後に後悔しやすいのも1人掛け)

どこに気をつけて探したらいいのか、について考えてみました。

1人掛けソファの欠点

まず1人掛けのソファを探すには、その欠点を知っておく必要があると思うんで。

場所を取る

1人掛けのソファというのは、1人用なので他のソファと比べるとサイズは小さくなります。

ただそれはソファと比べた場合で、人が1人座るだけならダイニングなんかの椅子で十分で、幅も45㎝程度。それでもソファを選ぶのはくつろぎたいから。

で、ソファの場合1人用でも、大きいと横幅100㎝、奥行き90㎝なんてのも普通にあります。とにかくソファは場所を取るので、その点は大きなデメリットとして本当にいるかいらないのかを冷静に判断しましょう。

横になれない

ソファの役目としては、ゆったりくつろいで座る、というのが当然1番なんですが、横になって寝る、というのもソファの重要な役目だと考えてる人は多いはず。

ところが1人掛けソファでは、それができません。

どうしても横になりたい、体を倒したいという場合には、パーソナルチェアと呼ばれるタイプや、レバーあるいは電動で背もたれが倒れるリクライニング式のものでないとダメ。

うたた寝ぐらいならできそうですが、横になれないというのは、人によっては1人掛けソファのデメリットといえるでしょう。

割高に感じる

同じシリーズの1人掛けソファと2人掛けソファ、値段を比べてみてください。

2人掛けソファは2人座れて大きさも大きいんですが、1人掛けソファの倍の値段はしません。当たり前です。

1人掛けソファで肘置きが2つ付いてるからといって、2人掛けソファで4つ肘置きが付いてる訳じゃないし、脚の数が倍なんて事もないからです。

何が言いたいかというと、例えば2人掛けソファが29,800円だった場合に、1人掛けソファが25,800円、というようにサイズがかなり違うのに値段があまり変わらない場合が多い、という事です。

本来は1人掛けが25,800円なのに、2人掛けは29,800円で安いなぁ、と感じるところが、1人掛けソファを探してる人からいうと、2人掛けとたいして値段が変わらず、高いんじゃないか、という印象を受けます。

そうです、1人掛けってすごく価格が割高に感じてしまって、もったいなく感じるんです。

じゃあ2人掛けにしようと思っても場所が狭いんで、高いけど1人掛けにする、といった感じです。実際にはそれ相応なんですけどね。

1人掛けを選ぶときのポイント

ソファを置くスペース

1人掛けソファを置く場合には、できるだけスペースにゆとりを持たせて置きましょう。

普通のソファもそうなんですが、特に1人掛けソファの場合、左右に全く余裕がなくキツキツに置いてしまうと、ソファが全くよく見えません。そして余計に部屋が狭く見えます。

もちろん部屋のスペースの問題もあるんですが、できたらサイドにすき間をあける、あるいは壁面には置かない、といった配置を心掛けましょう。

座って何をする?

特に1人掛けソファの場合には、座って何をするかをまず考えて、それを元に選ぶようにしましょう。

例えばテレビを見るのがメインなら、やや背もたれの倒れたタイプでリラックスするというのも良いです。
(倒れすぎは首を起こす必要があって、余計に疲れます)

お茶をしたりお酒を飲んだりがメインなら、フカフカしているよりも、背もたれが立ってて、やや硬めの方が良いでしょうし、本を読むなら自分が読みやすい姿勢を取れる背もたれや肘置きのものを選ぶべきです。

1人掛けソファの場合には、特に使い道にあったモノを選ぶようにしましょう。なんといっても、自分だけの自分のためのソファなんで。

テーブルをどうするか

1人掛けソファを選ぶときに悩みがちなのが、一緒に置くテーブル。

ソファの前に置くのは良いんですが、ソファより大きいと不細工だし、小さめの1人掛けソファにしたら、なかなかサイズのバランスが良くて気に入ったデザインのテーブルを探すのも大変です。

そんな場合には、サイドテーブルという手もあります。

ただし使い勝手を考えて、テーブルの高さ、あるいはソファの肘置きの高さはしっかり考えましょう。

体型に合わす

2人掛けソファなどでは、その人数が座るのにちょっときつい、なんて事はよくあるんですが、逆に1人掛けソファの場合には、こんなに広くなくても、という事がよくあります。

余裕があればあぐらをかけたり、なんて事もできますが、サイズに関してはしっかり確認しましょう。

特に高さの面で、奥まで座ったら足が届かないなんてのは間違っても絶対に止めましょう。疲れます。

リクライニングは注意が必要

上の方に、1人掛けソファで横になるにはリクライニングタイプ、と書きましたが、リクライニングソファこそサイズに気を付けましょう。

めちゃくちゃ場所を取ります。特に奥行きが。

何てったって背もたれが倒れて、物によっては足置きまで出てくるので。

スペースにゆとりがないなら、選択肢から外した方が無難だと思います。
(カタログなんかに書いてる実寸じゃなく、必ず倒したときのサイズを確認しましょう)

1人掛けソファのまとめ

どうせ1人掛けソファを買うなら、自分だけの事を考えてデザインやサイズを選ぶ。

2人掛けや3人掛けは横に場所をとるけど、リクライニングは縦にとる。

寝転ぶにはどちらかの場所が必要。

部屋のサイズや空いてるスペースをしっかり考えましょう。


個人的によくできてるなーと思う、ソファ!

リクライニングソファ

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
このリクライニングソファがよくできてる理由!

 

New Retro(ニューレトロ)

↑クリックで商品ページに!

 ファブリックもあります。↓

 1人掛けもあります。

詳しい説明は
「ソファのNew Retro(ニューレトロ)がよくできていると思う、10個の理由!」

 

LAURU(ラウル)

 ↑クリックで商品ページに!スツールや1人掛けもあります。

詳しい説明は
「LAURU(ラウル)というソファが、よくできてるなぁと思う10個の理由!」

 

 rond(ロンド)

 色違いもあります。↑

詳しい説明は
「ソファのrond(ロンド)がよくできてるなぁ、と思う10個の理由!」

 

カウチソファ

 ↑クリックで商品ページに色違いもあります!

詳しい説明は
「このソファがよくできてるなぁ、と思う理由!」

 

人気のタイプのソファを、
種類やデザインごとにまとめてみました!

「おすすめのソファは、この18台!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする